モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

美瑛「青い池」はシーズン中なら雨の日が狙いかも

美瑛の青い池

美瑛に3回目の訪問にして、やっと青い池に行って来ました。

美瑛と言えば青い池というぐらい、有名な観光地です。

それだけに、道路や駐車場が混んでいることで有名。

富良野でセグウェイに乗った時、インストラクターさんが「駐車場から死ぬほど歩いてぐったりした」と言ってたので、ちょっと覚悟していました。

 

7月初旬の日曜の午後。

1番混んでそうな時間帯です。

美瑛駅からまっすぐ大きな道路を18キロ進みます。

途中、青い池駐車場の看板が出ていましたが、カーナビによるとまだ先なので無視して進むとだいぶん先に目的地がありました。

 

雨の日の青い池

この日は残念ながら雨がポツポツ。

駐車場には大型バスがどんどん来ては去っていきます。

駐車場に車を停めて、さてと、どんだけ歩くのでしょうか。

 

雨の日なのに、道すがら人でいっぱい。

 

 

意外とすぐ着いた!!

あれ?全然歩かなかった。

 

池は雨の日でも十分青いです。

金属の微粒子が混ざって青く見えるとのこと。

 

池の周りは人でいっぱい。

人が写り込まないようにするのが大変。

 

 

池の周りどこからでも見えるので、人がいっぱいでも意外と見やすかったです。

所要時間全部で15分ぐらいでした。

思ったより混んでなかったし、雨の日は意外と狙い目かも。

セグウェイのインストラクターさんがあんなに歩いたのは、きっと遠いほうの駐車場で降りたからかな。

混んでいて近い駐車場には停められなかったのでしょうね。

 

ま、「ふ〜ん」という感じで、ここは話のタネに1度でいいですね。

 

白ひげの滝

青い池まで来たので、ちょっと先の白ひげの滝にも寄りました。

ここは去年も来てあまりの迫力に大興奮したのです。

 

橋の手前に駐車場があります。

この橋の上から滝を見下ろすことができます。

 

ゴーっという音がして、勢いよく滝が流れています。

マイナスイオンが充満。

やっぱり足が震えます。

 

滝の逆側。

川の流れも十分青いですね。

個人的には、青い池よりも白ひげの滝のほうが全然面白いです。

 

白ひげの滝は白金温泉エリアにあるので、近くにいくつも温泉宿があります。

この後、日帰り入浴が可能な白金観光ホテルでお風呂に入って帰りました。

 

せっかくこのエリアに来て青い池だけだと「ふ〜ん」となるので、白ひげの滝を見て温泉に入るのがおすすめです。

 

日帰り入浴できる温泉が5つありますよ。 

びえい白金温泉観光組合:日帰り入浴のご案内