読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

乳がん検診、マンモとエコーを1度に両方受けてみた

美容、体にいいこと

会社で年1回の健康診断が義務付けられている。

女性は婦人科検診をオプションで付けられて、乳がん検診のためにマンモグラフィーかエコー(超音波)か選べる。

 

マンモグラフィーは胸を板ではさんで薄くしてレントゲンを撮るもの。

胸をひっぱってさらに伸ばすので、激痛なのである。

検診で最も辛い検査だ。

 

エコーは液体を胸に塗って、機械で撫でていくだけ。

全く痛くない。

画像の影などでしこりの有無を判断する。

 

どっちでもいいなら痛くないエコーを受けたい。

でも、エコーとマンモでは分かることが違うので、1年おきに交互で受けるのがいいとも言われている。

 

しかし、会社の乳がんセミナーで「毎年両方受けたほうがいい」と言われたので、今年は真面目に両方受けてみた。

追加料金を4000円ほど支払って。

 

まず、エコー。

検査の時に一緒に画面をガン見していると、しこり的なものがいくつか見えた。

こわ〜。

エコーは2回に1回はひっかかって再検査になるのだ。

終わったあと見てくれた先生に「しこりがいっぱいありましたね」と言うと、「しこりじゃないものもありますよ。水の塊(何て言われたか正確に思い出せない)とか。」などと言われてちょっと安心した。

しかし、ここで終わると不安が残る。

あ〜、マンモも同時に申し込んでおいてよかった、と思った。

 

次にマンモグラフィー。

恐怖!

しかも今回の病院は上下、左右と2方向にはさんでレントゲンを撮ってくれる。

去年までの病院は1方向のみだったけど、乳がん予防セミナーで2方向撮ってもらったほうがいいと聞いたので病院を変えてみた。

 

左右の胸を上下、左右1回ずつを両側で、計4回撮る。

「死ぬ〜〜〜!」とつぶやきながら耐える。

上下にはさむのは未知の領域だったけど、意外と左右と痛みは大差なかった。

この痛みだけは年に1回だけで本当によかった。

生理前だと乳腺が張っていて余計痛いので、避けた方がいいそうだ。

「バッチリ撮れました」と言われたので救われた。

 

あとは、結果が送られてくるのを待つばかり。

エコーだけだったら不安が拭えないし、どっちみち再検査になってマンモを受けることになっただろう。

次回からも両方受けようと思ったのだった。

 

追記)

結果が送られてきた。

エコーでは 「線維腺腫疑」「のう胞」と出て、「年1回のエコーを受けるように」つまり様子見だった。

マンモでは異常なし。

 

やっぱり両方受けてよかった。

エコーだけだったら様子見といっても不安を感じただろうけど、マンモも受けていたので安心できた。

今回エコーだけ受けていたら、「再検査」とでて結局マンモも後日受けに行く必要があったかもしれない。

どうせ受けるなら1回ですませられてよかった。

 

 

乳がん (よくわかる最新医学)

乳がん (よくわかる最新医学)