モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

本「服を買うなら、捨てなさい」は、ファションが面倒な人にスーパー実践的な内容だった

 服を買うなら、捨てなさい

スーパー実践的なファッションの本を読んだのでレビューします。

地曳 いく子さんの「服を買うなら、捨てなさい」です。

 最近文庫になったので、ついに書いました。

服を買うなら、捨てなさい (宝島社文庫)

服を買うなら、捨てなさい (宝島社文庫)

 

 

 この本は「常に流行りのものを身につけておしゃれな人と思われたい」という人向けではありません。

むしろ「そこまでの労力をかけずに、いつもそこそこちゃんとした服を着れたらいいな」という人に向いています。

 

まさに私にぴったり!

ファッション、正直めんどくさいんですよね。

ファッション紙で研究して服のコーディネートを研究とか、勘弁してほしい。

 

この本の主題は「オールスターの服だけを揃えて、毎日同じスタイルでも素敵に見えたらいいじゃないか」というものです。

バリエーションを出すためだけに他のものに手を出してダサくなるのはもうやめよう、ってことです。

例えば、Vネックセーターにスカートが自分のスタイルならば、いつもそれで、最低限のアイテムを毎日交換して着るのでいいじゃないですか。

変な服を着るよりは。

なんか気が楽になる内容ですよね。

 

同じアイテムでもちょっとずつ変わっていく

ただし、同じアイテムでもそのときのトレンドで微妙に変わって行くので、買い替えが必要とのこと。

Vネックセーターでも、その年によってわずかな色味や、丈や、胸の空き具合が違うのでしょうね。

同じスタイルをしているつもりでも、昔の服を着ると途端になんだか古臭く見えるのはそのためんなんですって。

10年前の服がまだ現役の私には心が痛みました。

 

でも、いつも同じような服を買ってしまう人!

それでいいってことですよ。

同じように見えて、ちょっとずつ変わっていってるってことですから。

 

クローゼットはオールスターのみで

「クローゼットにはしょっちゅう着る服だけを残して、あとは捨てなさい」ってのも実践的です。

たまにしか着ない服ってたくさんありますよね。

その理由は、なんとなく窮屈だったり、心に引っかかる何かがあるから。

最低限のよく着る服だけを持っていれば、管理も楽だし、把握できて買い物もしやすいです。

 

さっそく、あまり着ない服は全捨てしました。

買ったけど何回かしか着なかったな〜。

でもその理由は、なんとなく似合わない気がしたから。

この機会にスッキリできてよかったです。

 

まとめ

この本は、ファッションが苦手な人にぴったりです。

最低限の労力でちゃんと見える服を着られます。

たまにしか着ない服をクローゼットから出してきて、外で防虫剤のニオイを撒き散らすこともありません。(そういう人、時々いますね)

 

ってなわけで、久々にいい本でした。

ファッションにそこまで手をかけたくない人、ぜひ読んでみてください。

 

服を買うなら、捨てなさい (宝島社文庫)

服を買うなら、捨てなさい (宝島社文庫)