読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

お店に予約を間違えられないためにできること

お役立ち情報

足裏マッサージのお店に前日に電話で予約して、行ったら予約が入ってなかった。

正確には、入ってたけど日にちが間違っていたのだ。

 

予約した時間に行くとお店の人が慌てた様子を見せたので、「予約、ちゃんと入ってますか?」と聞いたら「明日になってます」と言われた。

 

前日に電話で「明日の2時にお願いします」って言ったのに!

何であさってに入れるのだ!!

 

思い返せば最初から電話対応が不安な様子だった。

名前をフルネームで言った時、「〜さんですね」というリピートで、名字も名前も間違っていたし。

すごくよくある名前なので、聞き間違えられたことはない。

 

「他人と過去は変えらえない、自分と未来は変えられる」

という言葉を思い出し、今後どうすれば防げるのか考えてみる。

 

まず、予約内容の復唱だ!

普通は店の人がやるものだけど、任せてられない。

 

明日とだけ言わずに、

「明日の9月22日火曜日の14時でお願いしますね。14時、つまり午後2時です」

と最後にしつこく念押しすればよかった。

 

「今日でもあさってでもなく明日ですよ!」

とさらに念押ししたいところだが、普段からそこまでいうと変な人だろう。

 

重要な予約ならば電話に出た人の名前を聞くけど、足裏マッサージぐらいでは聞かない。

油断していた。

「ちなみにお名前は? 〜さんですね。」

とプレッシャーもかけておけばよかった。

 

メール予約ならば証拠が残るが、電話では残らない。

当日の朝、予約確認の電話もしたほうがいい。

「今日2時から予約入ってますか?」

足裏マッサージぐらいでそこまでしないけど・・・。

 

ひとまず、この3つぐらいしか自分で対策できることが思い浮かばない。

最低でも電話したときに、自分でしつこく復唱したほうがいい。

 

結局、予約がされている翌日にまた行くことになった。

ちょっと長めにマッサージしてくれたので、まぁよしとする。