読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

英語でクールとホットはどっちが褒め言葉?

英語学習エッセイ

 

常々、英語でcoolとhotはどっちが褒め言葉なのか疑問に思っていた。

 
よく海外ドラマを見ていると、
She is so hot!
のようなセリフが出てくる。
 
ホットは褒め言葉らしい。
 
しかし、日本語の雰囲気ではクールの方がかっこいい感じがする。
ホットでもクールでも同じなのだろうか。
 
ある時、帰国子女2人に聞いてみた。
どっちを言われたら嬉しいかと。
 
2人ともホットだと即答。
なんと!?
 
ホットにはセクシーのような、異性の魅力的要素が入っているのだと。
一方クールは、もっと冷静にかっこいい感じ。
 
私は先日ディナービュッフェに行ったが、お腹がすいていなかったのでデザートだけ皿に盛って歩いていた。
 
すると外国人に話しかけられた。
"デザートから食べ始めるの? Cool!"
 
私がクールなのではなく、いきなりデザートに食いつく様がクールと表現されたのだ。
 
いいね!
または、イケてるね!
みたいな感じなのだろう。
 
これが、ホットと言われたらナンパされてるのかもしれない。
 
 
ちなみにアメリカ人男性が、日本人のかわいいタイプには全く興味がないと言っていた。
子供に見えるんだって。
セクシーにしか興味ないそうだ。
その人に限らず、かわいいタイプは欧米ではあまり人気がないみたい。
 
確かに外国人の奥さんってセクシー系が多いな。
やっぱホットのほうが言われて嬉しいわけだ。