読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

【外資系の職業病】通過単位は家でも円じゃない

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20151230121447j:plain

外資系の会社なので、通過単位が円だけではなくいろいろ出てくる。

USDとかEUR とか。

日本円はJPYと書くことが多い。

Japanese Yenのことである。

 

外資系で働き始めてしばらくしてのこと。

自分の家のカレンダーにいろんな用事を書き込んでいるのだが、ある日の予定に無意識に書き込んだ予定がこれだ。

 

「粗大ごみ処理券購入300JPY」

 

後で気づいて「JPYって・・単位は日本円なの当たり前だろ!」って笑ってしまった。

慣れって怖い。

ゴミ処理券とJPYの組み合わせが意表をついてるでしょ?

 

そのほか飲み会のお知らせを出すときも

1人5,000JPY

と書いてしまって後で直した。

 

最近は、外国人にも飲み会の知らせを出すときは

5,000yen

のように書くことにしている。

 

JPYじゃなくてyen.

 

JPYだとなんか業務っぽいから。

yenのほうがカジュアルな感じがする。

 

なんで2種類の呼び方があるのかググってみると、「yenだとChinese YuanのYuanと発音が似ていて間違えられるためJapanese Yenと言ったほうがいい」と書かれていた。

なるほど〜。

 

人って長い時間触れてるものに簡単に乗っ取られると思った出来事だった。

 

 通貨の関連記事。

www.m-forest.net