読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

「お酒好きなの?」の質問に、盛り下げないでノーと言う返しを考えてみた

妄想エッセイ

「お酒好きなの?」という質問に、「それほど」と答えると微妙な空気になる。

お酒が好きか聞いてくる人はだいたい酒好きで、「はい」という答えを期待しているからだ。

 

私はいつも正直に「それほど」と答えるか悩んだあげく、「普通です」と言う。

それでもやっぱり「あ・・・、そう(会話終了)」となって、私のノリが悪かったみたいで申し訳ない気持ちになる。

 

どう答えれば、正直かつ、盛り下がらないと言うのだ!?

好きでもないのに好きって言えるか!

 

今後のために、いくつか返しを考えてみよう。

 

案その1)銀座ホステス風

「お酒より、アナタのほうが好き。」

 

とホステスさんが言うかは分からないが、かなりのやり手、またはヤバイ人と思われそう。

難易度5。

 

 

案その2)新しい職種の面接に挑む時風

「弱いんですが、今修行中です」

 

「お〜、今度鍛えてやるよ」なんて言われる危険アリ。

難易度3。

 

 

案その3)天然風

「飲まなくても、いつも酔ってるみたいと言われます」

 

変な人かと思われる危険アリ。

難易度3。

 

 

案その4)演歌風

「辛いことがあった時だけ、家で一人で飲みます」

 

お、コレ、普段はあまり飲まないことをアピールしつつ「へ〜、どんな時?」と話が展開するので盛り下がらないですみそう。

その酒は、ぜひともワンカップ大関であって欲しい。

ただし、明るく言わないと可哀そうと思われる危険アリ。

難易度1。

いんじゃない?

 

 

案その5)お嬢様風

「ウフフ、どうかしら。〜さんは、お強いそうですね」

 

「そうなんだよ。」と武勇伝が始まって、終わる頃には質問したことも忘れているハズ。

お高くとまっている印象を与えないように注意が必要。

難易度2。

 

 

以上。

個人的には、演歌風とお嬢様風を交互に使えそうだ。

これで年末の忘年会シーズンまで乗り切ろう。

 

f:id:nemie:20151230105430j:plain