読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

年齢を公表することの最大のデメリットは、間違ったキャラ立ち

妄想エッセイ

f:id:nemie:20151230110445j:plain

ブログをやっている人、プロフィールで年齢を公表するか悩みませんか?

 

私は公表してません。

その理由は、〜歳と書くと、間違ったキャラ立ちをしてしまうから。

 

特に、会ったことない人は「〜歳」情報で、だいたいこういう人だろうと固定のイメージを持たれてしまう。

それ以降に何を書いてもそのイメージになってしまうのを避けたいのだ。

 

こう考えるようになったのは、過去の経験からだ。

 

まず、27歳でビデオショップでアルバイトした時。

周りのアルバイトは大学生がほとんどで、店長でさえも年下であった。

27歳だと言う前はみんな普通に接してくれたのに、年齢がわかると急に「姉さん」キャラ扱いだ。

飲み会でも姉さんと呼ばれる。

年齢だけで、サバサバして面倒見がいい姉さんキャラを求められても困る。

全然そんなキャラじゃないのに。

 

また、あるゲームのオフ会に行った時にも同じことがあった。

同じ趣味を持つ仲間があつまって、わきあいあいとしていたのだけど、何かのはずみで年齢の話になった。

自分よりずっと年下の人が恥ずかしそうに「もう〜歳なんです」と告白し、周りが「全然見えな〜い!」というのが繰り返された。

みんな自分と相当離れている。

自分の順番が回ってくる間は生きた心地がせず、逃げ出したかった。

仕方ないので小声で「〜歳です」と言ったら一瞬シーンとなった後に「見えな〜い!」とお約束の言葉をかけてもらった。

しかし、急に敬語を使われるし、やっぱり姉さんキャラ扱いされるし、もうその集まりからは足が遠のいてしまった。

 

以上のようなことが何度かあって、年齢を公表しないことにした。

 

その点、外国人と話す時は、そこまで決まったキャラ設定がないのでいい。

そもそも年齢なんて聞いてこないし。

同じ〜歳でも、もっといろんな人がいるからなのだろう。

自由でいいな〜。

 

逆に、年齢を積極的に公表してキャラ立ちに使うのはいい。

女性大生の〜ブログ

中年おやじのダイエット日記

引退シニアの海外旅行記

のような、年齢と見られたいキャラが一致しているものは公表するメリットがある。

 

結論:

自分が希望するキャラと合っている年齢なら公表すべし。

そうでないなら、わざわざ言う必要はない。

 

キャラ立ちについて、こちらもどうぞ。