読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

「引き寄せの神様ってバカなの?」って思ったことありませんか

妄想エッセイ

引き寄せの法則って流行りましたよね。

あれを試した人は

「引き寄せの神様ってバカなの?」って思ったことありませんか。

 

整体の先生が言ってました。

「やっぱ、望みははっきりと描かないと、中途半端な形でかなっちゃうのよね。」

 

先生は旅先が気に入って「もうちょっとここにいたいな〜」とボンヤリ思ったんです。

その日、事故にあって入院。

結局1ヶ月以上その県に滞在したそうな。

恐ろし〜。

 

私にも似たようなことが今日起こりました。

 

帰りの通勤電車で、ラッキーなことに座れたんです。

隣の席も空いて、私は必死で願いました。

「頼むから隣に女の人が来て。女の人!女の人!」

男性が隣に座ると大きいのでちょっと窮屈なのです。

女性が来ると快適に過ごせます。

 

すると、前からむちゃくちゃボリュームがある女性がやってきて、隣に座りました。

「え、嘘・・・(絶句)。」

明らかに1人分の席には収まらず、私の陣地を侵食しています。

そうとう逆に寄ったけど、片方の手と体がその方と密着。

とっても熱い・・・、つらい・・・。

降りる駅までずっとその状態で、辛い時間を過ごしました。

こんなことなら、普通の体型の男性のほうがよかった。

 

望みを描くのが中途半端でした。

もっと具体的に、

「快適に過ごしたいので、細身の人が来てください!」

とお願いすればよかったと反省。

 

私が何のために「女の人来て!」って願ったと思うの。

そのぐらい察してよ。神様ってバカなの?

いちいち言わないとダメなの?

でも、事務的だけど、案外言った通りに叶えてくれるな。

引き寄せの神様「女の人ですね。はい、こちらで。」

 

思うに、

余計なことをして「こんなの頼んでない」とならないように、忠実さ第一なのだ。

う〜ん、意外と神様は保守的なのですね。

 

結論:

「察して」は通用しない。

誰が聞いても何を望んでいるのか分かるような明確さで伝えよう!

なんかビジネスみたい(笑)

 

 

引き寄せ系で最もしっくる来る本。

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

サラとソロモン―少女サラが賢いふくろうソロモンから学んだ幸せの秘訣

  • 作者: エスターヒックス,ジェリーヒックス,Esther Hicks,Jerry Hicks,加藤三代子
  • 出版社/メーカー: ナチュラルスピリット
  • 発売日: 2005/11
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 31回
  • この商品を含むブログ (12件) を見る