読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

「働く女性の英語術」32歳独身さやかの最も使えた一言とは【英語本レビュー】

本、映画のレビュー

 本の会話を全部5回通り暗唱した私が、「働く女性の英語術」CD付きの魅力をお伝えしましょう。

 

全部で25ユニットの会話から成り立っている。

だいたいどれもCDで1分ぐらい、ページにすると2ページである。

 

場面は、働く女性に起こりそうな事柄を網羅している。

 

 シチュエーション

オフィス関連

自己紹介

電話対応

会議に遅れたときの言い訳

新しい同僚を迎える

チームでの打ち合わせ

ビデオ会議

プレゼン

顧客訪問

 

仕事外での実用的会話

ホテルのチェックイン

カフェ、レストランでのオーダー

スーパー

ジム

美容室

バーでのデート!!

 

驚くべきことは、この全部が1つのストーリーになっているところだ!

いやぁ、よくまとめたね。

 

ストーリーを1分で説明しよう。 

オンラインマガジンのディレクター山本さやか(32歳独身)のもとに、アメリカ本社から軽いノリのマークが出向してきて、同僚としてさやかがいろいろ案内する。

そのうち、マークの上司であるロバートが日本に出張で来たので、さやかが客先に案内したり、和食レストランに案内したりもてなす。

さやかはロバートにすっかり気に入られて、アメリカ本社にプレゼンをしに行く。

プレゼンは大成功。

ロバートのアシスタントの彼氏の友達ザックにデートに誘われたため、慌てて美容院で髪をセット、バーで東京での再会を約束する。

(以上1分でした)

 

ストーリーの解説

出向してきた同僚マークは、会議でサムいジョークを行って凍らせ、短期出向中に病気で寝込み、よりによって上司が日本に来るときにソウルと台北に出張を入れてしまい不在なのだ。

マークの幸先が心配だ。

 

マークの上司ロバートはビデオ会議でアメリカから、「必ず出張中に天ぷらと焼き鳥をディナーに入れるように」と念押し。さやかは抜け目なく、天ぷらソバのお店に彼を連れて行ったことが功を奏したのか、本社でプレゼンするように誘われる。

ソツがないさやかは32歳独身という微妙な設定であるが、もしこのまま独身でもキャリアウーマンとして成功できそう。

 

そんなさやかにも、なんとアメリカでロマンスが!

ロバートのアシスタント、ジェシカの家にいったとき、ジェシカの彼の友人ザックと出会うのだ。

彼はスポーツライターで話も合う。

オーガニックなヘルシーカフェが行きつけの、さわやかガイなのだ。

 

さやかのデートへの意気込みは相当で、バーでの初デートのためにジムで汗を流し、美容院で髪を切り、ネイルまでお願いするほど。

 

この本でもっとも使える一言は、これに決まりだ!!

 

バーでのデートにて、さやかのセリフ。

"Do you come here often・・・with women? (laugh)"

ここにはよく来るんですか・・・女性と?(笑)

 

著者の豊富な人生経験と老練さがこの一言に詰まっている。

この一言により、さやかはザックがフリーであることを知ると同時に、東京での再会を約束できた。

 

まさに、働く女性の英語術。

単なる英語ではなくてなのだよ、深い!

 

ま、ロマンスは別にしても、仕事で使える表現がたくさんあるのでオススメします。

働く女性の英語術

働く女性の英語術

 

 

 続編も出たので読みたいです。

働く女性の英語術 2nd season

働く女性の英語術 2nd season