読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

海外で浮かないためにはZARAかH&Mを着たらいい

妄想エッセイ

生まれて初めてZARAとH&Mに行きました。

おしゃれな服が安く売っていると聞いていたからです。

 

ドキドキしながら店内に入ると・・・

 

全体的にすごくカジュアル。

生地感からして日本の服屋と違いますね。

日本のはちゃんと裾をきれいに始末してありますが

こちらのものは切りっぱなしかもっとラフなイメージ。

そしてデザインもゆる〜く、重ね着しないと見えちゃうのでは?

これどうやって着るの?と思うのが多い。

 

海外の服屋に入ったけどぱっと見で買う物ない、という感覚を思い出しました。

やっぱり日本の服屋は日本人好みに作っているんだな

ということに気づいて、カルチャーショックです。

逆にこういう服のほうが海外では自然に見えるのだろうということも。

海外ですぐ日本人だとバレてしまうのは、服の感じが全然違うんでしょうね。

 

私にはハードルが高すぎて、すごすごと退散しました。

 

次にH&Mへ。

スウェーデンのブランドなので、スペインのザラよりも

気質が日本人に近いはず、合うものがあるはず、

とちょっとした希望を持って入店。

 

おお、ザラよりはしっくり来る感じ。

Tシャツなどのシンプルアイテムは、私でも着られそう。

でも全体的にはやはりザラと同じく、どうやって着たらいいのか途方にくれる感。

安くても難易度が高いので、おしゃれ上級生でないと取り入れられないのでは?

 

600円ぐらいのTシャツを試着しましたが

かなり胸の開きが大きくて、生地が薄いのでちょっと抵抗アリ。

結局何も買わずに去りました。

 

今後、海外に行くときのために着こなせるようになりたいです。