読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

外資系の深夜残業で起こること

英語学習エッセイ

f:id:nemie:20151230121447j:plain

プロジェクトの締め切りなどで、深夜まで残業するとちょっとおかしくならないだろうか。

残業ハイというやつだ。

 

日本企業で働く友人は残業ハイで、コンビニの袋を膨らませてボールにしてバレーボールが始まったと言っていた。

すごい追い詰められた状況で怖い。

 

これは日本人特有のものなのか。

ついに先日、外資系であるうちの会社でも残業ハイを体験した。

メンバーの半分が外国人という状態。

 

何が起こったかと言うと・・・

 

まず、数日まともに寝てないメンバーがここでは書けない英語スラングを使って「眠い」を連発。

ストレスのため普通の会話でも、あらゆるここでは書けない英語スラングを織り交ぜてくる。

1日中聞いていると、自分もつられて言いそうになって焦る。

 

そして、夜も更けてくるとスマホのテレビ電話で家族と会話が始まる。

ついでに私も、かわいい子供さんに挨拶させてもらった。

そうだよね、家族を大事にするのだ。

電話を切るときはこの表現。

" See you later, alligator!"

(じゃあね)子供向け。

ある英語本ではバイバイキーン!と訳されていてウケた。 

「これ本当に言うんだ!」と感心。

 

 

さらに深夜になると、youtubeで変な音楽をかけ始める人が現れる。

それ、どこの国の荘厳な教会ミュージック?

「眠くなるからやめてくれ〜」の声に応えて(?)、音楽だけではなくスクリーンに映像付きで映し出す。

ゴスペルを歌っている様が深夜の会議室に映し出されるのはシュール。

 

そこから、オモシロ動画紹介に変わっていく。

 

内心「そんなの見ないで、さっさと終わらせて帰ろうよ〜」とみんな若干思うが、ノリがおかしくなっているので止められない雰囲気。

 

海外のオモシロ動画はもちろん英語。

「これ面白いから見て!」と自身満々に勧められたが、聞き取れずに笑えなかったらどうしようというプレッシャーを感じる。

耳を研ぎ澄まして集中して見たので、なんとか面白いところが分かって笑えた。

この緊張感のおかげで目が覚めた。

 

深夜残業のおやつはグミ!

なんかグミって外国人好きだよね〜。

 

ということで、残業ハイは外資系にもあることが分かった。

人間だもの。

 

でもやっぱり早く帰りたい。

 

 

ニュアンスまでわかる! 伝わる! 英語表現200 (だいわ文庫)

ニュアンスまでわかる! 伝わる! 英語表現200 (だいわ文庫)

 

 バイバイキーンという絶妙な訳をつけていた本。