読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

会社で何か頼まれる時にCan you~?と言われてイラっとしていた話

英語学習エッセイ

仕事で英語で何かお願いするときは ”Could you ~?”と言う事が多い。

 

Could you make a copy of the document?

その書類のコピーをとっていただけますか。

 

Could you submit a report by Friday?

レポートを金曜までに出していただけますか。

 

などなど。

 

Could you はCan youの丁寧形。

Can you だともっとカジュアルな響きとなる。

 

私は会社では無難にCould you しか使わない。

仕事中は「親しき仲にも礼儀あり」と思うからだ。

 

それなのに、Can you~?と頼んでくる外国人がいて

時々イラっとしていた。

「友達じゃないんだよ!仕事中は。」

と感じていたのだ。

 

私のイメージでは

Can you~は

「ちょっと〜やっといてくんない?」

という、とっても軽い響き。

「そのアイス、ひとくち味見させてくんない?」のような。

仕事で何か頼むのに、ちょっと失礼じゃないかと感じていた。

 

しかしネイティブの人に

「私は同僚はもちろん、自分の会社の社長相手にもCan you〜を使うよ。

それで全然おかしくない。」

と言われて驚いた。

 

え、社長にもそんなに馴れ馴れしくていいの!?

 

にわかに信じられず、何度も聞いたけど問題ないとのこと。

ならば私がイラっとしていたのは認識違いということになる。

 

そういえば、帰国子女が上司にCan you~?と使っていたのを見てビビったことがあるではないか。

 

確かに本で読んだことがある。

英語では丁寧な言葉よりもフレンドリーな言葉を使ったほうが喜ばれることが多い、と。

丁寧な言葉だと「仲良くする気はありません」的な印象を与えると。

 

となると、Can youを使って私をイラ立たせた人は、むしろ親しみの情を見せてくれていた人だった可能性が高い。

 

Could you とCan youは「していただけますか?」と「してくんない?」のように丁寧さの違いではなくて、2人の距離感の違いのように感じる。

Could youは他人、Can youは仲間みたいな。

 

日本語とちょっと感覚が違うので難しい。

Can youと言われてイラつくのはやめよう。

 

 

絶対に使えるカジュアル★イングリッシュ (J新書)

絶対に使えるカジュアル★イングリッシュ (J新書)