読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

英語が「流暢」のあいまいさ

英語学習エッセイ

「英語は話せます。流暢ではないですけど。

って、言う人が結構いないだろうか。

 

私もここ数年そんな感じで、イマイチすっきりしない表現をしていた。

 

 

どういう状態になったら「流暢ではないですけど」が取れるのだ?

と冷静に考えてみよう。

 

流暢ってなんだろう。

途切れない、詰まらない、どんな内容もスラスラと華麗に出てくる。

発声もなめらか。発音も完璧。

 

私が流暢で思い浮かべる会社の人と言えば・・・

目を閉じるとネイティブと見分けがつかないほど達者。

話すこと自体がすごく上手で、日本語でも英語でもうっとりさせる。

 

 

ちょっと、待って!

私、日本語ですら全然流暢じゃなかったわ。

話すの苦手だし、途切れる、詰まる、ボソボソ話す。

これは、英語で自分が思い描く流暢さには一生ならないわ。

もしろそうなる必要性も初めからないかも。

日本語では流暢じゃなくてもやっていけてるし。

 

ということに気づいてしまった・・・。

 

 

到達不可能で必要でもないことを目指して、一生「流暢ではないですけど」って言い続けるのか?

と思ったら、バカバカしくなってやめることにした。

 

 

「流暢ではないですけど」を言う意味が本当にあるのか考えてみよう。

 

 

 

 今気になっている本。