読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

英語で使うとかっこいいゼスチャーの個人的ベスト1

英語学習エッセイ

海外ドラマや映画を見ているとよく出てくるゼスチャー。

両手でピースを作って指を折り曲げる仕草、見たことあるだろうか。

ちょっと苦笑いの表情とともに使われることが多い。

 

私はこのゼスチャーを何年も、

「なんだかカッコイイけどどういう意味なんだろう」

と疑問に思っていた。

 

ある日チャンスがあったので、ついにネイティブに聞いてみた。

 

私「ね〜、ね〜、こういう仕草ってどういう時に使うの?」

ネイティブ「ああ、本当じゃないことを言うときに使うんだよ。」

 

な、なんと!

 

ネイティブ「例えば超マイペースな人についてコメントする時、彼は天才だから仕方ないよ、と言うとする。天才のところでこのジェスチャーをすると、心から天才だと賞賛しているわけではなく、やれやれ困った人だという気持ちも表現できる。」

 

He is "genius".

彼は"天才"だ。(心の声:もうちょっと周りに合わせてほしい)

 

このgeniusを囲った引用符(quotation marks)

カッコ代わりの小さい点々2つね。

 これ。 ー> "   "   

これがピースの指を折り曲げた正体なのだ!

 

ピースの指を折り曲げると、引用符に見えるではないか!!

 

 

使用方法を知ると、このゼスチャーは結構使える。

 

「彼は"イケメン"(自分はタイプじゃないけど一般的には)だからモテるんじゃない?」

「彼女は"とても親切"(八方美人)だから、やってくれるよ」

 

とか。ちょっと皮肉臭が漂う。

 

 

会社の会議でも普通に外国人が使ってくるので、ビジネスシーンでも大丈夫なようだ。

「〜ということになっている(実際は違うけど)」という時によく使われる。

 

国民年金は"全員"が加入するものであるから〜

とか。

 

 

英語で表現するとこんな感じ。

be supposed to~ ということになっている(が、実際は違う)

so-called~ いわゆる〜  

a kind of~ ある種〜

 

日本語でもちょっと含みを持たせる時、単語や文章の一部の上に点々を付けることがある。

それと大体同じに感じる。

 

かっこいいと思っているのは私だけかもしれないが、今日からぜひ使ってみよう。

 

DVD付 ネイティブが毎日使う英語のジェスチャー50

DVD付 ネイティブが毎日使う英語のジェスチャー50

  • 作者: ジャニカサウスウィック,豊田典子
  • 出版社/メーカー: 国際語学社
  • 発売日: 2015/05/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 ジェスチャーも英語の一部ということ。