読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

映画の前売りは、座席は選べてもとなりの人は選べない

本、映画のレビュー

f:id:nemie:20151103161749j:plain

毎月1日は映画の日。

映画が1100円で見られるのだ。

 

そして何ヶ月かに1度だけ、土日に映画の日がくるときがある。

それが今週末。

2015年11月1日、日曜日。

 

貴重な巡り合わせなのだ。

 

こんな貴重な日に映画に行かないわけにはいかない!

ということで、私はマイインターンを見にいくつもり。

 

アンハサウェイが社長を務める会社に、70歳の新入社員であるロバートデニーロが入社するお話。

 

私が好きな映画「ホリデイ」と同じ監督なので期待大。

 

混むだろうから前もってチケットは予約していく。

 

しかし、ここに落とし穴がある。

 

去年、アナと雪の女王を映画の日に見に行った5月。

一番後ろの真ん中、というすごくいい席を予約してルンルンで行った。

 

すると、隣にすごく太ったランニングの男性が座った。

座席を若干はみ出して圧迫してくるわ、汗臭いわで全く話に集中できない。

 

あんな氷の世界のお話なのに、となりには太った方が必死で汗をふいているのだ。

 

・・・散々だった。

 

座席は選べても、となりの人は選べない。

 

これと同様に前の人の座高が高い場合、ちょっとストレスになる。

画面の一部が見えなかったりして。

 

前売りは最低限、座る席を確保できるけど、よい映画環境を約束されているわけではない

 

前に座高が低い人、となりに普通体型の人が座ったら、それはプラチナチケット!

幸せをかみしめよう。 

 

nemie.hatenablog.com