読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

大人は自分が戦うべきフィールドを知っている

妄想エッセイ

f:id:nemie:20151230105336j:plain

小学生のころ、私の小学校では男女ともに走るのが速い人がモテていた。

当時は何も疑問に思わず、走るのが遅い自分を心底残念に感じていたものだ。

 

あ〜、走るの速くなりたい!

徒競走は運動会の花形だし。

 

でも自分がどんなに全力で走っても速い人にはかなわない。

 

「自分の人生、パッとしないな〜。」

 

と悔しがっていたのだ。

 

しかし、大人になった今。

走るのが速いことは日常生活ではほぼなんのアピールにもならない。

 

予想外のパラダイムシフトが起こったのである!

 

合コンで「50メートル7秒台なんだ〜」と自慢しても、「へ〜、すごいですね」で終わるだろう。

「で、その特技はいつ使えるの?」という感じ。

 

大人になってからは、むしろ駅などで走っているとせわしない人となり、優雅に歩いている人のほうがかっこいいのだ。

 

タイムマシンで戻って子どものころに自分に1言だけ言えるとしたら、

「君の戦う場所はそこじゃないよ!」と言ってあげたい。

 

 

最近、数十年ぶりに会社のスポーツ行事で全力で走る機会があった。

全力でもやっぱり遅くて、小学生時代の無力感をちょっと思い出した。

 

しかし、あの頃のように

「あ〜、私の人生パッとしないな・・・」

とは全く思わない。

 

「でも私はパワポで資料作るの得意だし、本を読むの速いし、まぁいいか!」

というように、自分のフィールドを知っているのだ。

 

かと言ってモテはしないが(笑)、

自分のフィールドが認識できるのが大人になる醍醐味だ。

 

 

さあ、シンプルに生きよう!

さあ、シンプルに生きよう!

  • 作者: マーカス・バッキンガム,中村佐千江
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2011/07/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 「さあ、才能に目覚めよう」の著者が書いた本。

簡単なテストで自分の強みがわかるので、オススメ

私は教えることが得意みたい。