読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

30代以降は太ってないだけでイケメン、美女

美容、体にいいこと

久しぶりに会った弟が激太りしていた。

 

母によると、弟が太った理由は

忙しくて運動する暇がなく、かといって食べるだけが楽しみなのでダイエットもできないとのこと。

 

30代以降は代謝が落ちて、普通にしていると太る一方なのだ。

しかも肉質が柔らかくなるので、運動してないと垂れる。

 

そこで対策する人と自然に任せる人で、圧倒的な差がついていく。

恐ろしや〜。

 

私の持論で「30代以降は太ってないだけでイケメン、美女認定!」がある。

それほどに現状維持が大変だ。

普通に保っている人は、かなりの努力をしているはず。

 

30代以降の人が体型維持するのに必要なものを考えてみる。

 

時間

肉体労働以外の人は、仕事が忙しくても運動量はあまりない。

デスクワークの人ならなおさら、疲れていても体の脂肪は燃焼してない。

仕事とは別に運動やエクササイズをする必要がある。

 

そのためには時間が必要。

家に疲れて帰って寝るだけ、という生活では運動できない。

ある程度まとまった時間がいる。

 

お金

自分で無料でできる運動はストイックなものばかり。

ジョギング、筋トレなど。

1人で黙々とやるので、精神力がいる。

 

その点、ジムに通ったり、ゴルフやテニスを習ったり、ということなら1人じゃないのでまだ続けやすい。

もっとお金をかければ、パーソナルトレーナーをつけたりもできる。

(つけている人に聞いたところ、意外と高くないみたい。)

 

やっぱりお金をかけたほうが、楽なのだ。

私もホットヨガに通えなかったら、1人で家でヨガはなかなかできない。

 

また、お金があれば脂肪燃焼サプリメントを買ったりもできる。

自然食のレストランやお店は高額だけど、そこでヘルシーな食べ物を購入することもできる。

 

心のゆとり

心に余裕があれば、食事制限がしやすい。

体型を気にできるのも、ゆとりがあるからだ。

夜は食べる量を減らしたり、甘いものを控えたりしようかなと考えることができる。

 

しかし、忙しすぎて食べるだけが楽しみというゆとりのなさだと食事制限は厳しい。

こんなに忙しいんだから食べないとやってられない、ということで甘いものや脂っこいものを食べたくなりがちだ。

 

私もかつて職場でイライラしたときは、チョコレートバーの丸かじりが止められなかった。

同僚はゴディバの高級チョコをいっきに食べることでストレス発散していた。

 

食べるだけが楽しみという状態にならないようにすることが重要だ。

 

超ストイックな精神力

上記3つがない場合でも、超ストイックな精神力さえあれば体型維持できる。

しかし最も難易度が高い。私は無理。

自由時間がほぼなくてもひたすらダイエット食を食べて、お菓子は食べない、酒は飲まない。

心の余裕すらなくても、睡眠時間をけずって走ったり筋トレ。

 

そもそも超ストイックだったら最初から太らないだろう・・・。

 

 

まとめ

時間、お金、心のゆとり、超ストイックな精神力のどれもない場合、やせるのは無理だと感じる。

 

弟の場合、時間、心のゆとり、超ストイックな精神力がないことを自覚して、せめて多少のお金をかけてはどうだろうか。

この中で、自分のコントロールで一番捻出しやすいのがお金だ。

 

これぞ大人の解決策

 

自然に痩せてた頃のことは忘れて、潔くできるをしようじゃないか。

 

・・・と弟に言ってもやせる気ないので無駄なんですけどね。

 

f:id:nemie:20151230105138j:plain