読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

当たり前だけど意外と盲点なこと、それは夜早く寝ること

美容、体にいいこと

f:id:nemie:20151230105336j:plain

 

当たり前だけど、みんなが意外と知らないのではないかと思うこと。

 

それは・・・

 

 

「夜早く寝ると、翌日元気だよ」

 

 

ということ。

 

私は先週アロママッサージを受けに行った。

最初のカウンセリングで、毎日の睡眠時間を聞かれて8時間と答えた。

 

セラピストさんが

「お〜、8時間なんて久しぶりに聞いた!素晴らしい」

と驚いて、こっちも驚いた。

 

最近は4時間とか5時間とか、すごく短い人が多いという。

 

 

私も昔は夜更かしして、5〜6時間しか寝ていなかった。

そのときは、翌日昼ごはんを食べると眠くなって辛かった。

 

しかし、8時間寝ている今は違う。

 

昼ごはんを食べても全然眠くならない。

体がだるくなくて、コンディションがいい。

頭もクリアだ。

 

寝る時間がもったいなくて、睡眠時間が少ない人もいるだろう。

しかし、よく寝るとすごく体が楽だ。

その状態になれると、もう疲れたコンディションの生活には戻れない。

 

 

個人差があるから一概には言えない。

でも日頃疲れっぽい人は、ちゃんと睡眠をとるのを試してみてほしい。

 

夜早めに寝るのは大変だ。

 

仕事が遅い人もいるだろうし、

もうちょっとネットサーフィンをしたり、ゲームをしたりする欲望との戦いもある。

現代人には相当なストイックさが求められる。

 

そのストイックさの価値はある。

お金もかからないので、お勧めする。

 

なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか?

なぜ一流の人はみな「眠り」にこだわるのか?