読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

夜のネットショッピングは不思議なものを購入してしまう謎

妄想エッセイ

夜にラブレターを書くと、内容がおかしくなるとよく聞きます。

ネットショッピングもしかり!

夜にネットで買い物をして、いらないものを買たことある人多いのでは?

 

はい、私もです。

 

最近では、なぜかこの本を買ってしまいました。

百田尚樹「殉愛」の真実

百田尚樹『殉愛』の真実

百田尚樹『殉愛』の真実

 

 

この本に先立って発売されたのは下記の本。

やしきたかじんさんの亡くなる最後の2年を支えたさくら夫人との愛を描いた『殉愛』

殉愛

殉愛

 

 

百田尚樹「殉愛」の真実とは、『殉愛』の内容に対する疑惑を、詳細に調べた本なのである。

 

さくら夫人は天使なのか悪魔なのか、というミステリーにすっかりはまってしまい、1週間は頭の中がさくら夫人のことでいっぱいだった。

 

金スマで2人の最後の2年間が特集された。

youtubeで見たところ、さくら夫人の献身的な看病で、涙なしには見られないほどいい話だった。

 

しかも、さくら夫人。

とってもかわいくて悪い人には全然見えないのだ。

 

さくら夫人が昔別名で書いていたブログなるものまで検索して、読み込んでしまった。

ランキング上位の人気のブログだったらしい。

そのブログを読んでもすごくいい人そう。

なにも知らなければ、うっかり読者登録しちゃいそうなほどの好感度だ。

 

しかし、百田尚樹「殉愛」の真実のほうを読めば、全く別の人格が浮かび上がってくる。

恐ろしや〜〜!

夫人が最初から財産目当てで、あの手この手で財産を手にいれる様子が見えて来る。

 

宮部みゆきの「 火車」を読んでいるようなゾクゾクするスリルを感じる。

火車 (新潮文庫)

火車 (新潮文庫)

 

 

百田尚樹「殉愛」の真実のアマゾンレビュー評価は547件で、星5つという信じられない高さだ。

やしきたかじんファン全員が支持している様子。

 

私はなぜか夜になると、さくら夫人が天使か悪魔かというミステリーに夢中になり、朝起きると「どうでもいいわ、そんなこと」と冷静になる毎日を繰り返した。

 

百田尚樹「殉愛」の真実も、夜購入して朝起きると後悔した。

しかし、夜になると読みたくなり、朝になると無駄に時間をすごしたことを後悔。

この繰り返しである。

 

1週間してすっかり熱が冷めて、この本は売ってしまった。

 

夜の魔力!

夜には何かの力が働く。

 

友人は夜にいらないものを買うのを避ける為、夜はカートに入れるだけで購入ボタンは押さないようにしている。

しかし、カートに入れたのを忘れて同じCDを2枚買ってしまったそうだ(笑)

お気をつけください。