読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

スタバのドリンクチケットで抹茶クリームフラペチーノを最大限カスタマイズしてみた

レストラン・カフェ

スタバのドリンクチケット

スタバのドリンクチケットを使うために、カスタマイズを考えた。

千円分までは何でもオーダーできるとのことで、せっかくだからできるだけ高いのを注文したい。

 

いろんなサイトを参考に事前に策を練ってから、スタバに向かった。

混んでいるときだとお店に迷惑なので、午前中のすいている時間を狙った。

ラッキーなことに誰も並んでない。

 

チケットを出して、スマホにメモって暗記したメニュー、カスタマイズを店員さんに伝える。

 

カスタマイズ

トールの抹茶クリームフラペチーノをオーダー。

考えてきたカスタマイズ希望を全部告げる。

 

私「あと何かできますか?」

店員さん「あんまりやると美味しくなくなるので、今のがいいと思いますよ。強いていうならショットをデカフェにするぐらいかな。」

 

通常デカフェにすると50円かかるそうだ。

せっかくだからデカフェにしてもらった。

 

カスタマイズ結果

  • 抹茶パウダー増量
  • ミルクをソイに変更(50円)
  • シロップなし
  • チョコチップ追加(50円)
  • ショット追加(50円)
  • デカフェ(50円)  

合計670円

 

できたものがこちら。

f:id:nemie:20170122191950j:plain

普通の抹茶クリームフラペチーノの飲んだことがないので比較がわからないが、甘さ控えめで飲みやすいと感じた。

 

シロップなしで正解!

これでも十分甘い。

チョコチップも入っているからだ。

 

抹茶パウダーを増やしたので濃厚。

途中で生クリームと混ぜるとまろやかになって、味が変わって飽きない。

 

ベンティかグランデにしたかったけど、トールで十分だった。

これ以上の量は私には無理。

最後の方はチョコチップが口の中に溶けずに残って重く感じた。

 

まとめ

結局、胃がもたれたw

でも楽しかったので良しとする。

 

抹茶系ドリンクはシロップなしにできることがわかったので、甘いドリンクが苦手な人には嬉しい。

抹茶パウダーとシロップが分かれているからだ。

抹茶ティーラテでもシロップなしを試してみたい。

シロップに味がついているタイプだったら、シロップをなくすと味もなくなるのでできない。

 

他にもカスタマイズを工夫すれば、甘くて敬遠していたメニューもいけるかも。

 

 

ウブドでお土産買うならブラットワンギ石鹸の工場がいい

バリ旅行

ブラットワンギ(Brat Wangi)石鹸

バリ最終日は、お土産と自分用にブラットワンギの工場にココナツ石鹸を買いに行きました。

カキアンベーカリーでも何種類か販売されていますが、工場で買ったほうが1万ルピア(100円)ぐらい安いのでわざわざ工場に。

たくさん買うのでチリも積もって結構な額になるからです。

工場には全種類売られているので、選び放題です。

 

ブラットワンギは初めてバリに来た10年以上前から、デルタデワタでお土産に購入していました。

手作りでナチュラル素材なのに安い!

ということで気に入っていました。

最近はデルタデワタでは買えなくなったので、工場で買うことが多いです。

 

ホテルの人にマンガ・マドゥのちょっと先まで車で送ってもらいます。

この看板が出ているところから、徒歩で階段を登り5分ぐらい歩きます。

看板に営業時間が、月曜〜金曜の8時から12時、13時から17時と書かれています。

このとき11時45分だったので、焦って工場に向かいます。

 

ここの分かれ道で、左のほうに進むのがポイント。

 

工場に到着。

しかし、誰もいません・・。

「ああ、遅かったか〜。すでにランチでみんな外に出てしまったのかも」

と思っていると、単に出荷のためちょっと出ていたようで、みんな帰ってきました。

よかった。

 

2階のショッップで石鹸を選びます。

 

色々あるから悩むな〜。

オレンジヨーグルト、オレンジハニー、オレンジパパイヤが特に好きです。

おいしそうないい香りなんです。

チュンパカもバリっぽい香りで、自分用のお土産としていいです。

ペパーミントも夏に使うために購入。

香りによって値段が違いますが、1個150円〜200円です。

 

結局17個購入。

ずっしり重いですw

 

 

帰り道に田んぼに出勤中のアヒルの大群に出会いました。

このエリアは、ウブドの中でもまだそれほど観光地化していない貴重な場所です。

 

帰国してから

買った石鹸を並べてみました。

オレンジヨーグルトは家で使うため、細切れになったお徳用を購入。

重さで計算してみるとそこまでお得じゃなかったので、普通のでよかったですw

 

この石鹸は溶けやすいので1ヶ月は持ちません。

すぐなくなるので大量買いして正解です。

 

ちなみに日本だと1個700円以上で売られてます。

日本じゃ買えません・・・。 

ブラットワンギソープ(オレンジ&パウパウ)

ブラットワンギソープ(オレンジ&パウパウ)

 

 

 

ウブドのマンガ・マドゥではナシゴレンとエスチャンプルがお勧め

バリ旅行

マンガ・マドゥ

ウブドの有名レストラン「マンガ・マドゥ」に初めて行きました。

バリに来るたびに行ってみたいと思っていたのだけど、なぜか毎回行かずに終わってたのです。

今回プリアタンのグヌンサリ寺院に行った帰りに、やっと寄ることができました。

 

私がウブドでいつも行くお店はだいたい観光客ばかり。

現地の人用のお店は、注文方法がわからなかったりしてビビるからです。

また、やっぱり観光客向けのお店はトイレがきれいだったり、観光客に優しいんですよね。

 

しかしマンガ・マドゥは現地の人も来るようなお店です。

おいしくてわりと手頃なお値段。

 

人気のアヤム・ケジュをオーダー。

チキンを揚げたものの中にチーズが入っています。

400円ぐらい。

サクサクして美味しかったです。

 

次にバリと言ったらナシゴレン。

これが、うまい〜〜〜!!

ごはんがしっとりふわっとしていて、絶妙な酸味があるんです。

ナシゴレンはあまり好きじゃなかったのですが、いっきに大好きになりました。

「うまい、うまい!」と言いながらあっという間に食べました。

なんでもっと早くマンガ・マドゥに来なかったんだろう。

私のバカー!

 

ミーバクソ。

つみれスープです。

さっぱりしてて美味しい。

 

翌日

翌日は日本に帰る日だったのですが、ランチにまたマンガ・マドゥに来ちゃいました。

看板は青いんです。

 

マンガ・マドゥオリジナルのナプキンホルダー。

 

エス・チャンプルというかき氷を頼んで見ました。

100円ぐらいだったかな?

すごい見た目のものが出て来て一瞬ひるんだけど、食べて見たらうまい〜〜!

かき氷といっても、氷は細かく削られておらずわりと大きいんです。

でも不思議と食べやすいです。

きっとバリは暑いから日本みたいに細かくけずるとすぐ溶けちゃうんですかね。

 

味付けはイチゴシロップと練乳かな?

上に乗ってる何かわからないものと氷の食感のハーモニーが素晴らしかったです。

これも、なんでもっと早く頼まなかったんだ、私!

 

ソトアヤムというチキンスープ。

味付けがおいしい。

 

そして、やっぱりナシゴレン!

今日は「うまい、うまい!」と言いながら完食。

チャーハンのようはものなんだけど、ご飯を炒めているというよりはなぜかしっとりしてるんです。

 

同行者が頼んだナシチャンプル。

気に入っていたようです。

 

まとめ

ナシゴレンとエスチャンプルがすごく気に入りました。

さらに、ここのビンタンビールはバリで珍しくすごく冷えてる!

 

好きなものを色々と頼んでも2人でお会計1000円ぐらい。

観光客向けのお店に行くと2000〜3000円ぐらいなので、マンガ・マドゥはお安いんです。

なのにこの美味しさとは。

次回ウブドに来たら3回ぐらいは行きたいです。

 

 関連記事

www.m-forest.net

www.m-forest.net

www.m-forest.net

www.m-forest.net

www.m-forest.net

www.m-forest.net