読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モウソウの森

モウソウ英語学習エッセイストマチルダが脱力と感動をお届けします。英語学習、外資系の日常、バリ旅行、ホットヨガ、3DSゲームなど。

外国人で溢れるデパートが落ち着かない真の理由

妄想エッセイ

外国人で溢れるデパート

久しぶりに新宿の京王百貨店に行った。

化粧品を買うため。

アジア系外国人でごった返していてビックリした。

 

少し前は、京王百貨店といったらシニアをターゲットに、通路を広く、見やすい売り場を作っていた。

しかし、もうターゲットはシニアではなく外国人だ。

日本人のお客さんのほうが少ないのではないだろうか。

中国人の爆買いは終わったとテレビで聞いたのに。

 

銀座だけではなく、新宿のデパートまで外国人でいっぱい。

私が目当ての化粧品コーナーに行くと、狭いカウンターに外国人が10人ぐらいたむろしていた。

グループの1人が化粧品を買っている間、仲間がカウンターでスマホをしていたりして待っているのだ。

こんなの前は見かけなかった光景。

 

順番待ちの名簿に載せるため声をかけてくれた店員さんも中国の方で驚いた。

これだけお客さんが中国、韓国人だったら、対応できる店員さんが必要なことに納得。

 

化粧品屋の店員さんもメイクをしてくれながら

「なんか中国にいるみたいですよね」

と言っていた。

 

落ち着かない

京王百貨店は落ち着いた雰囲気が好きだったんだけど、何か落ち着かない。

なんでだろう。

外国人が買い物をしにきてくれるのは嬉しいことじゃないか。

 

ちょっと考えて、団体さんが多いからだと思った。

1つのグループの人数が多い。

2人とかで回っている人よりも、5〜6人の方が多い。

バスで団体行動も多いので、もっと多い人数のときもある。

 

多い人数がまとまって行動すると、1箇所が一瞬で混むし賑やかになる。

機動性も落ちるので、道をふさいでしまうのだろう。

  

真の理由

デパートが混んで歩きにくいのも困るけど、個人的に一番落ち着かない理由は「自分たちがターゲットじゃない寂しさ」だと気づいた。

表示もアジア語、店員も外国人が増えて、日本人はメインターゲットじゃない、つまり、主賓じゃないと感じる時にちょっと寂しい。

被害妄想だけど「買い物させてもらってすみません」と心のどこかで感じる、それが自分の国のデパートなのが悲しくて居心地が悪いのだと気づいた。

 

 

「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?―中国人のホンネ、日本人のとまどい

「爆買い」後、彼らはどこに向かうのか?―中国人のホンネ、日本人のとまどい

 

 

天候不順で飛行機が欠航した場合、次の便を待つか新幹線にするかメチャ悩む件

その他

飛行機欠航

先日、里帰りして東京に戻る時のこと。

地方空港から羽田行きの9時半のJALを予約していた。

地方空港が濃霧のため、欠航の可能性があると朝HPに出ていた。

「何!?明日から仕事なのに困る!」

と思いつつ、ひとまず空港へ。

 

乗る気満々で売店でお土産も買って、搭乗手続きを済ませた。

混み合った登場ゲートで待っているとアナウンスが。

なんか色々話して、最後に「〜というわけで欠航になりました」だと。

一瞬脱力して、どうしていいかわからなかった。

 

しかし、次の瞬間いち早くカウンターに向かった。

せめて次の便に変更してもらうため。

どうしても今日中に帰らないといけない。

 

カウンターはすでに行列ができていて、並んでいる人にも職員さんが説明していた。

「天気は1日変わりそうないので、この後の便を待っても乗れない可能性が高いです。新幹線などに変更していただいたほうが確実です。」と。

 

待って。新幹線にしたら到着が夜になってしまう。

飛行機だったら1時間で着くのに!

新幹線なんて絶対いや〜〜〜。

私は一か八か次の便を待つ!

 

しかし、周りの人は変更じゃなくて払い戻しをしてもらう人が多かった。

出張っぽい人が多かったので、確実な方法を選んだのだろう。

 

中には「隣の県の空港に移動してそこからの乗るのはどうですか?」と聞いてる人もいた。

さらに不憫だったのは、旅慣れてない感じの老夫婦。

「羽田から成田に乗り継いでポーランドに行く予定だったのですが、どうしたらいいでしょう。」と職員の人に聞いていて、心から気の毒だった。

ポーランドの子供さんでもたずねるのだろうか。

これだから旅行は直行便に限る。

とはいえ、地方空港から直行便は無理なのだ・・・。

 

次の便を待つ

結局、2時間後の次の便に変更してもらって搭乗ゲートに戻った。

広いゲートの待合室に、3人しかいない・・・。

次の便を待つ人はほとんどいなかったのだ。

「あれ?とんでもない判断しちゃったかな?」と心底不安になった。

 

ひまだったのでhuluでドラマを観る。

空港はwifiが無料でありがたい。

 ANAは次の便も朝の時点でいちはやく欠航を決めていた。

ANAだったら希望がなかったので、JALでよかった。

 

結局2時間以上待って、もとから次の便に乗る予定の人でゲートが混雑した。

ドキドキしながらアナウンスを待っていると、飛ぶとのこと!!

心底助かった。

本当にラッキーだった。

 

初めて欠航を経験して、飛行機って意外と飛ばないリスクがあることに気づいた。

飛行機って思ったより天候の影響を受けやすいのだな〜。

台風なら分かるけど、濃霧や強風でも欠航するから。

 

普通に運行するってことは有難いことだ。

 

 

パラダイス山元の飛行機のある暮らし―――年間最多搭乗1022回「ヒコーキの中の人」が贈る空の過ごし方

パラダイス山元の飛行機のある暮らし―――年間最多搭乗1022回「ヒコーキの中の人」が贈る空の過ごし方

 

 

関連記事

www.m-forest.net

www.m-forest.net

www.m-forest.net

www.m-forest.net

 

 

「外資系あるある」苦手な研修を英語で受けるのが辛い

英語学習エッセイ

英語での研修

仕事で必要なあるスキルが足りたいため、毎回他の人に聞いたりして苦労している。

そこで、研修を受けて勉強しようと考えた。

会社にはたくさんの研修プログラムが用意されているため。

 

・・・しかし、外資系なので研修が全部英語なのだ。

ただでさえ苦手な分野の新しいことを、英語で習うのはハードルが高い。

日本語で受講しても理解できるか分からないというのに。

 

効率から考えて日本語で外部の研修を受けたい、と上司に言ったが無駄だった。

英語がムチャ堪能な上司は「そう?英語でも一緒でしょ。」という反応だった。

 

英語を聞きつつ新しい内容を理解できるのだろうか。

まず用語から分からない。

得意な分野だったら英語でもついていけるだろう。

でも今回は苦手意識が激しくある分野。

 

受けてみて意外と問題ないか、全然ついていけないかのどっちかになりそう。

「受けたけど全然ダメでした」

ということになったら、上司も考え直してくれるかもしれない。

 

まず英語が堪能じゃないと、研修も受けられないのだ。

スパルタだな〜。

 

 

会話もメールも 英語は3語で伝わります

会話もメールも 英語は3語で伝わります